ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

『水槽レイアウトは最高のアート!』を広めていくブログ

世界水草レイアウトコンテスト2019(IAPLC2019)に応募した水槽を紹介します!

こんにちは!ashです。

IAPLC2019には、

 

幅36cm×奥行き22cm×高さ26cmの水槽でレイアウトをつくりました。

 

まずは構図を組み立てます

f:id:ash14:20191113081734j:plain

 

f:id:ash14:20191113082720j:plain

 

最初にソイルの量を節約するために園芸用の軽石を盛りました。

 

f:id:ash14:20191113083207j:plain

 

傾斜の部分に流木を立てて置くのは難しいので、バスコークで石に接着することにしました。

 

f:id:ash14:20191113083513j:plain

 

さらに流木・石を置いて、ソイルと化粧砂を入れてレイアウトの構図はできました!

 

水草の植栽し注水しました!

f:id:ash14:20191113084136j:plain

 

水草は、

エレオカリス・ビビパラ、オーストラリアン・ドワーフ・ヒドロコティレ、

アヌビアスナナプチ、ウォーターフェザー、オレゴンリバーモス、

キューバパールグラス

を植栽しました。

 

フィルターはスドーのエデニックシェルトV3

照明はアクロのオーバル300

 

立ち上げから2週間経過しました

f:id:ash14:20191123081215j:plain

 

流木に白いモヤや茶ゴケが出るようになりました。

まだヤマトヌマエビを入れていないので、取り除きながら毎日水換えをしました。

 

立ち上げから1か月経ちました!

 f:id:ash14:20191123081953j:plain

 

この段階でヤマトヌマエビを投入して、茶ゴケや白いモヤがほぼなくなりました。


立ち上げから2か月後

f:id:ash14:20191123084123j:plain

 

コケはどうにか対処できましたが、レイアウトをどうすれば自然な感じになるのかわからなくなりました(-_-;)

流木にモスを巻いた方がもっと自然な感じになるかも、

もっと葉の細かい水草を足したらいいかも

そう思って、ウィローモスとガイアナドワーフ・ミリオフィラムを追加しました。

 

そして水草の成長が遅いと感じたので、コトブキのフラット300を1灯増やしました。



立ち上げから4か月後

f:id:ash14:20191123084610j:plain

 

応募締め切りまで2か月をきりました。

グリーンネオンを数匹迎え入れました。

こんなレイアウトではいい順位は取れないなと思って、

賭けでレイアウトの変更することにしました。

 

f:id:ash14:20191123085210j:plain

 

流木の本数を減らしてモスの巻き直しました。

最初に組んだ構図よりも、ゴチャゴチャした感じがなくなりました。

あとは水草が成長してくれることを祈るだけです!


レイアウトを手直ししてから1週間経ちました

f:id:ash14:20191201111119j:plain

 

グリーンネオンを10匹追加。

このタイミングでデジカメを使って撮影の練習をしました。

 

f:id:ash14:20191201112210j:plain

 

気づくと締め切りまであと5日になってました。

もう大きくレイアウトを変更したりするのは難しいので、

化粧砂の掃除、枯れたモスの除去などできることだけをやりました。

 

応募するレイアウトの写真が撮れました!

f:id:ash14:20191201112724j:plain

                          Ⓒアクアデザインアマノ

応募締め切り3日前に撮影しました。

写真を撮っているときに、なんか涼し気な感じに思えたので、タイトルを『涼』にしました。

そして順位は1162位

今回が初めての応募でしたが、もっといいレイアウトを作るための課題がたくさん見つかりました。

次のIAPLC2020にむけて、

まずは、水草レイアウトの基本を学び、実践してみました。

ash14-aquarium.hatenablog.com

 

おまけ

IAPLC2019の応募が終わり、ランキングが出る間に、遊びで鏡を使ったレイアウトに変更をしてみました!

ash14-aquarium.hatenablog.com

 

 おしまい。