ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

『水槽レイアウトは最高のアート!』を広めていくブログ

中古の60cm水槽で水草レイアウトをしてみました

こんにちは!ashです。

リサイクルショップに行くと、時々アクアリウム商品であっても衝撃的なバーゲン価格のものを売っていることもあります。

今回たまたま、ADAの60cm水槽が

1480円!!!!

で売られていました!!

新品で買うと1万円以上するのに、一部欠けがある程度でこの値段とは正直びっくりしました。

もうこれは買うしかないだろうと思いまして即購入しちゃいました!

60cmは海水で使ったことがありますが、水草水槽で使うのは今回が人生初めてです。 

なので、レイアウトのイメージ図を描いてみました。

 

   f:id:ash14:20190316072803j:plain

60cm水槽ではコリドラスをいっぱい飼育したいなぁと思っていたので、

水槽前面はかなりスペースを広くとり、水草は少しだけ植える感じのレイアウトになるように簡単なイメージ図を描きました。

石や流木を配置していきます

       f:id:ash14:20190316073047j:plain

家にある石を駆使して、ソイルと化粧砂の境界線を作りました。

左から右奥に向かって流れるイメージで、遠近感が出ればと思い、左手前にできるだけ大きめの石、右に行くにつれて小さめの石を使うように心がけました。

       f:id:ash14:20190316073247j:plain

流木も左側が高く、右にいくにつれて少し低くなるように組みました。

水草レイアウトでよく使われる3種類の構図の1つ『三角構図』が完成しました。

イメージ図にかなり近いものを作れました!

 

水草の植栽、水槽の稼働

        f:id:ash14:20190316073818j:plain

水草植栽直後の写真です。

ソイルが浸るくらいまで水を張ってから水草を植栽すると作業がスムーズに行えるという、ADA流のやり方で植栽作業をしました。

後は水槽に水を張って、フィルターや照明などの機器をつなぎます。

        f:id:ash14:20190316074025j:plain

フィルターは、60cm水槽の海水で使っていたエーハイム500を使うことにしました。

こちらはパーツ類の塩抜きを行い、ろ材も新品に換えて淡水で使えるようにメンテナンスをしました。

2灯式蛍光灯も海水で使っていましたが、2灯とも白色の蛍光灯に変更しました。

 

主役のコリドラスを迎え入れます

今回はコリドラスがいっぱい泳ぐ水槽を作りたいと思って立ち上げました。

主役のコリドラスですが、最初に

コリドラス・ステルバイ、コリドラス・ジュリー、コリドラス・パンダ

の3種類のコリドラスを各2匹ずつ迎え入れました!

        f:id:ash14:20190316074629j:plain

こちらが、僕が熱帯魚の中で1番好きなコリドラス・ステルバイです。

この姿そのものが可愛いくてしょうがないです!!

   f:id:ash14:20190316074730j:plain

コリドラス・ジュリーとパンダも撮影できました!

僕としては6匹全てのコリドラスたちが化粧砂の上で泳いでいる姿を写真に収めたいところですが、今のところそういったチャンスはなさそうです(-_-;)

コリドラスが☆になることがなければもっと他の種類のコリドラスを増やしていこうと考えています。

 そう考えていましたが、

 水草のストック水槽を作ってみようと思い予定を変更しました

www.ash-aquarium.com

 

おしまい。