ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

『水槽レイアウトは最高のアート!』を広めていくブログ

世界水草レイアウトコンテスト(IAPLC)でランキングを4桁から3桁にするためにやったことを紹介します

こんにちは!ashです。

ADAが主催するIAPLC、

2019年は1162位/1867作品中、2020年は850位/2358作品中

 

f:id:ash14:20191201112724j:plain
f:id:ash14:20200901202927j:plain

 

ランキングを4桁から3桁にすることができました。

今回はランキングを3桁にするために取り組んだことを思い出す限り紹介したいと思います。 

まず水槽を大きくしました。

水槽が大きいほうがレイアウトがしやすいということで、36cm水槽から45cm水槽にしてみました。

実際に水槽を大きくしたことで大きめの石を入れることができたのでレイアウトがしやすかったです。

 

構図をはっきりさせました

f:id:ash14:20210625175628j:plain
f:id:ash14:20210625175203p:plain


IAPLC2019のレイアウトは構図のことを一切考えずに作りました。

一方IAPLC2020では、凹型構図になるように作りました。

構図を意識して作った結果、掃除や水草のトリミングなどのメンテナンスはとてもやりやすかったです。

実際は水草の育成は全然でしたが、

基本構図をしっかり守って作ることが、ランキングを3桁にする近道かと思います。

水槽の背景をちゃんとしたものにしました。

f:id:ash14:20191201112724j:plain
f:id:ash14:20200901202927j:plain

 

IAPLC2019のときは背景を白にしようと思って、とりあえず白色の画用紙を貼り付けてから写真をとりました。

実際に撮影してみると背景がすごく暗い感じになりました。

そこで、IAPLC2020ではADAのアクアスクリーンの白色を購入して水槽の後ろに貼り付けて写真撮りをしました。

白の画用紙を貼り付けたときに比べて水槽全体が明るい感じになりました。

なので、IAPLCに応募する際は画用紙を使うよりは、水槽用のバックスクリーンを購入して貼り付けた方がいいかもと思いました。

 

デジカメから一眼レフに変更しました

f:id:ash14:20210310150516j:plain

 

IAPLC2019ではデジカメで撮影をしたのですが、

シャッタースピードが遅くて魚がいい感じのところにいても撮影できなかったことがありました。

IAPLC2020に応募した水槽はメルカリで購入した一眼レフで撮影しました。

デジカメと違いシャッターを押すとすぐに写真が撮れて簡単でした。

 

まとめ

ここまでIAPLCのランキングを4桁から3桁にあげるために、やってみたことを思い出す限り書いてみました。

1.水槽は大きい方がレイアウトが作りやすい

2.基本構図を意識してレイアウトを作る

3.専用のバックスクリーンを使う

4.撮影は一眼レフがおすすめ

この中では、構図が一番大事かなと思います!

 

おしまい。