ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

『水槽レイアウトは最高のアート!』を広めていくブログ

世界水草レイアウトコンテストでランキングを4桁から3桁にするためにやったこと

 

こんにちは!ashです。

ADAが主催する世界水草レイアウトコンテスト(IAPLC)

IAPLC2019は1867作品中、1162位(初応募)

IAPLC2020は2358作品中、850位

ランキングを4桁から3桁にすることができました。

今回は、初めてIAPLCに応募を考えている方、

ランキングをまずは3桁を目標にしている方の参考になればと思い、

ランキングを3桁にするために実際にやってみたことを全て紹介したいと思います。

 

 

応募した作品はこちら、

f:id:ash14:20191201112724j:plain
f:id:ash14:20200901202927j:plain

左がIAPLC2019、右がIAPLC2020の作品になります。

制作過程については、それぞれ以下の記事にまとめてみました。

 

www.ash-aquarium.com

www.ash-aquarium.com

それでは、ランキングをあげるためにやったことを紹介します。

1.水槽のサイズアップ

IAPLC2019は幅36cm×奥行き22cm×高さ26cm

IAPLC2020は幅45cm×奥行き27cm×高さ30cm

水槽を1周り大きいサイズに変更をしました。

サイズを大きくすると、レイアウトが作りやすいとか、水草のトリミングがしやすい、水質が安定しやすいなどメリットが多いです。

実際に水槽を1周り大きくしたことで、構図を組みやすかったです。

 

2.構図をはっきりさせる

水草レイアウトを作るときは、

三角構図、凸型構図、凹型構図

の3種類の基本構図がもっともレイアウトのバランスがとりやすいようです。

f:id:ash14:20191201112724j:plain

 

IAPLC2019の作品では、基本構図を考えずにレイアウトを作ってしまいました。

 

f:id:ash14:20200901202927j:plain

IAPLC2020では、凹型構図を意識して構図を組みました。

基本構図で組んだほうが、掃除や水草のトリミングなどのメンテナンス性はとてもやりやすかったです。

実際、水草の育成は全然でしたが、まず構図を三角・凸型・凹型のどれかにすることが、ランキングを3桁にする近道かと思います。

 

3.細すぎる流木は使わない

IAPLCの作品集を見ていると、細い流木を使ったレイアウトがたくさんあります。

そういったレイアウトをみるとカッコいい、真似してみたいと思ってしまいます。

実際、IAPLC2019ではレイアウトをかっこよくみせたいと思ったので、幅が1cm~5cmくらいの細い流木をたくさん使いました。

しかし、細すぎる流木を使うと、

・モスがうまく活着しない

・活着してもメンテナンス時にはがれてしまうことがある

・トリミングしにくい

・メンテ時に手が当たって違う方向に傾いたりする

構図を組んだ時は何も問題にはなりませんが、水草を植栽して管理していくと、細い流木は水槽の掃除の妨げになりやすいことが分かりました。

 

4.水槽の背景

応募する水槽を撮影する前にバックスクリーンを貼ることが推奨されています。

f:id:ash14:20191201112724j:plain
f:id:ash14:20200901202927j:plain

IAPLC2019のときは背景を白にしたいと思って、白色の画用紙を貼り付けてから写真をとりました。

実際に撮影してみると背景がすごく暗い感じになってしまいました。

そこで、IAPLC2020ではADAのアクアスクリーンの白色を購入して水槽の後ろに貼り付けて写真撮りをしました。

白の画用紙を貼り付けたときに比べて水槽全体が明るい感じになりました。

なので、IAPLCに応募する際は画用紙を使うよりは、水槽用のバックスクリーンを購入して貼り付けた方が無難かもしれません。

 

5.デジカメから一眼レフに変更

IAPLCに自分のレイアウトを応募する場合は、カメラで水槽を撮影しなければなりません。

IAPLC2019ではデジタルカメラで撮影をしました。

デジカメだとピントを合わせるのが難しくて、写真を撮るたびに液晶モニターを確認したりしましたが、きちんと撮れているのか分かりにくかったです。

なので、IAPLC2020に応募した水槽は一眼レフで撮影しました。

一眼レフだとファインダーを覗いてピントを合わせるので、ピンボケしていなかなどがすぐにわかって、撮影もスムーズにできました。

スマホで写真を撮って応募もできるようになったみたいですが、ピントの調整、撮影のスムーズさを考えると一眼レフを一番オススメします。

一眼レフは高価な買い物になりますが、メルカリで中古品を購入するのも手だと思います。

f:id:ash14:20210310150516j:plain

IAPLC2020撮影用に購入したニコンの一眼レフですが、僕はメルカリで購入しました。

 

まとめ

ここまでIAPLCのランキングを4桁から3桁にあげるために、僕が実際にやってみたことを5つ上げました。

簡単に書くと、

1.水槽は大きい方がレイアウトを作るときにとても有利

2.水草レイアウトの基本構図でレイアウトの骨格を作る

3.かなり細い流木はメンテナンスがしにくくなるのでたくさん使わない

4.水槽の背景は専用のバックスクリーンを使うのが無難

5.撮影は一眼レフがおすすめ

以上になります。

特に2番目に紹介したレイアウトの基本構図は1番大事なことかなと思っています。

少しでも参考になれば幸いです。

 

おしまい。