ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

『水槽レイアウトは最高のアート!』を広めていくブログ

45cm水槽でジオラマ風レイアウトを作りました!

2017年3月、当時付き合っていた彼女と同棲生活を開始。

家具は大きいものは買わなかったので、リビングは結構殺風景でした。

このとき『チャンスだ!』

と思い、熱帯魚を飼ってもいいか相談(笑)

彼女が「別にいいよ」と言ってくれたので、45cm水槽を購入。

そして、2017年7月、

水草レイアウトへの再開と挑戦がはじまりました!

 

レイアウトを作る前からワクワクしていました

僕が買ったのは、憧れのADAの45cm水槽、

ガラスがきれいで、所有しているだけで最高!!

って思っていました(笑)

そして、肝心のレイアウトも、どんな感じにするか仕事中も考えていました(笑)

僕は、風景を水槽の中に作りたいと思っていたので、

https://one-project.biz/wp-content/uploads/2013/06/NewImage131.png

上の写真のようなレイアウトを参考にしてみることにしました。

 

そして、レイアウトを作っていきます!

石を並べ終えた段階で写真をとりました 


f:id:ash14:20190113145216j:plain

ジオラマチックな感じのレイアウトを作るために、石で山を表現したつもりです。

振り返ってみると、全然山に見えないし、石使いすぎだろって思いました(笑)

今だったらもう少し、山に見えるように作れるかもと思いますが……

ちなみに、石は青華石を約2kg、ソイルはアミーゴオリジナルネイチャーソイルを使っています。

次に、ジオラマの木を作るために、流木をソイルに挿していくのですが、

f:id:ash14:20190113150845j:plain

極端に短かったり、細かったり、曲がっていたりと散々でした(笑)

下調べをしっかりして、石や流木を選ぶべきだったと反省しています。

振り返ってみると、ダメだと思う部分がたくさんありますが、

このレイアウトを作っていた時は、

超絶楽しい!!

と思っていた記憶が残っています。

 

ここから水草の植栽へ

本来、水草はピンセットでソイルに植えていくのですが、

今回はミスト式という育成方法を採用するので、水草をソイルや流木に載せていくだけで済みました!

   f:id:ash14:20190113151432j:plain

本当にソイルに載せただけです。

ミスト式のやりかたをざっくりまとめると、

育てたい水草をソイルの上の載せ、ソイルが浸るくらいまで水を入れて、水槽開口部をラップなどで密閉する。

あとは、ライトを照らして放置するだけです!

超簡単な方法です!

詳しくはこちらのサイトに書かれているのでご参考にどうぞ!!

seikasuisoubu.design

 

f:id:ash14:20190113152651j:plain

 

ミスト式開始から2週間が経過しました

f:id:ash14:20190114190151j:plain

流木のモスは枯れたので交換、

ソイル上の水草は変化なしといった感じでした。

 

ミスト式開始から1か月経過

f:id:ash14:20190114190430j:plain

ほとんど変わってない感じでした(笑)

そして流木のモスはまた枯れちゃいました。

思ったよりも成長しないので、やり方が間違っていたのかもと思いながら、

ミスト式を諦め、注水することにしました。

 

注水後、2つ問題が起きました!

  1. フィルターにエーハイム2004を使っていましたが、ポンプが故障して動かなくなりました。                               どこが壊れているのか分からなかったので、外掛けフィルター用の水中モーターを代用してフィルターを動かすことにしました。                            
  2. 流木のモスは全てダメになったので流木は全て取り除きました。

      f:id:ash14:20190114190734j:plain

ところが、流木がない方が、見栄えのいいレイアウトになってしまいました(笑)

しかし、ジオラマの木を作りたと思ったので、      f:id:ash14:20190114193109j:plain

再度モスを巻いて投入しました。

ここまで、水草を育てることに集中していましたが、

魚は入れないのかと彼女に言われたので、熱帯魚を購入しに行くことにしました。

 

主役の熱帯魚の投入

     f:id:ash14:20190114193411j:plain

いろんな魚がいた方がいいと思っていたので、

グリーンネオン、ブラックネオン、グローライトテトラ、ゴールデンハニードワーフグラミー

を迎え入れました。

魚が入った水槽をみて、彼女が喜んでくれたことが1番うれしかったですv

 

コケがいっぱい生えるようになりました(-_-;)

魚を迎え入れた段階ですでにコケが発生していましたが、水槽を管理する日数が増えるごとに、コケの発生量も増えてきました。

ヤマトヌマエビの数や水換えの頻度を増やして対応しようとしましたが、どんどんコケが増えてどうすることもできなくなってきました(-_-;)

こうなった場合は、潔く水槽をリセットするのが一番です。

もう少し長く管理したかったのですが、約5か月で終了しちゃいました。

管理はできませんでしたが、レイアウトを作ることを楽しめたので十分かなと思っています。

最後に今回、45cm水槽を買って1から器具などを揃えたのですが、

その時にかかった金額をまとめた記事を作ってみました。

ライトのサイズが30cm水槽用だったりと、あてにならない部分もありますが参考までにどうぞ!! 

www.ash-aquarium.com