ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

『水槽レイアウトは最高のアート!』を広めていくブログ

初心者にオススメといわれる30cmキューブ水槽はレイアウトが難しい!解決方法は?

30cmキューブ水槽は、

水量がそれなりにあって、大きさもそれほど大きくないため人気の高い水槽といわれています。

僕も30cmキューブ水槽を所有していますが、

レイアウトを作るのが難しいと感じることが多いです。

今回は、なぜそう思ってしまうのか、また解決方法についてまとめてみました。

 

 

30cmキューブ水槽について

 30cmキューブ水槽は幅30cm×奥行き30cm×高さ30cm

全てが30cmなので、サイコロ型です。

かなり大きいと感じることはなく、1人でも十分持ち運べる、水量は約25Lくらい入るので魚もある程度の数を飼育することができます。

小型水槽の中では、取り扱いのしやすさ、水量の多さによる管理のしやすさが高い水槽になります。

 

レイアウトを作るのは難しい

ネオンテトラなどの小型の熱帯魚を10匹くらい飼育するだけなら、30cmキューブ水槽はとってもオススメです。 

僕は30cmキューブ水槽を、45cm水槽のレイアウトをリセットするときに魚を避難させる用の水槽として購入しました。

最初のころは、熱帯魚のみとして稼働させていましたが、少ししてから水草レイアウトをするようになって、いろいろ作ってみたのですが、

サイコロ型の水槽ってレイアウトがとっても難しい~!

と思うようになりました。

そう思った理由ですが、

1.構図が凸型構図になりやすい

 

f:id:ash14:20190120184738j:plain
f:id:ash14:20200212191038j:plain

以前作ったレイアウトになりますが、

流木を組んでいくと、凸型構図に落ち着いてしまうことがほとんどでした。

水槽のサイズを考えると、バランスがとりやすいのが凸型構図だからかもしれません。

 

2.凹型構図は難しい

f:id:ash14:20210424210525j:plain

 1回だけ30cmキューブ水槽で凹型構図のレイアウトを作ってみましたが、

・魚の泳ぐスペースがかなり狭くなった

・中央の空間が小さいので圧迫感をものすごく感じた

レイアウトをつくることはできたのですが、ゆとりのある感じに作ることができませんでした。

なので、30cmキューブ水槽で凹型構図をつくるのは難しいと思いました。

 

レイアウトが難しくなる原因は?

これまで30cmキューブ水槽でレイアウトをしてみると、僕の場合は凸型構図になることが圧倒的に多く、レイアウトが難しいなと思うようになりました。

その原因は何なのかを考えてみました。

・レイアウトのバランスがとりにくい

・横幅は狭いのに無駄に奥行き、高さがある

・大きめの流木や石が置けない

この辺りが原因でレイアウトを作るのが難しく感じてしまっているのかもしれません。

 

30cmキューブ水槽でレイアウトを作りやすくする方法

30cmキューブ水槽の中でレイアウトを作るのは難しいですが、

60cm水槽の半分の水景を作ると考えてレイアウトすると意外と簡単に作ることができます。

f:id:ash14:20210314184926j:plain

最近レイアウトした30cmキューブ水槽です。

このレイアウトを作るときは、60cm水槽全体で凹型構図の右半分だけをイメージしながら作りました。

60cm水槽の半分だけを作るイメージでレイアウトするのは、左半分を想像しながら作らないといけませんが、

それほど難しく考える必要がなく、スムーズに構図を組むことができました。

 

まとめ

30cmキューブ水槽は小型の熱帯魚を10匹くらい飼育するのに適した水槽だと思います。

実際に水草レイアウトをやってみると、

水槽の幅がないのに、奥行きと高さがそれなりにあるためか、レイアウトをつくるのが難しいと感じることが多かったです。

しかし、60cm水槽の半分だけを作ると考えてレイアウトしてみると、想像力が要りますが、それほど難しく考えなくてすむと思います。

もし30cmキューブ水槽のレイアウトが難しいなと思った方がいましたら、60cm水槽の半分だけレイアウトを作ると思ってやってみてはいかがでしょうか?

 

おしまい

 

凹型構図を作りたくても絶望的に無理

水草レイアウトをするとき、僕はADAのネイチャーアクアリウムにならって水槽は正面からみていい感じかを重視してレイアウトを作っていきます

いざ素材などを入れていくと、思ったよりも大きい石や流木が全くつかない

なので逆に小さめの流木を使うと、今度は上がスカスカになってくる

とにかくバランスをとるのが難しくて、いろいろ構図も考えますが、結局最後は安定の凸型構図を作ってしまうことがおおいです。

1度だけ30cmキューブ水槽で凹型構図をつくりました

その記事はこちら

これも正面からみることを意識しているのですが、見て分かる通り両サイドの流木が大きすぎて圧迫感があったり、これ魚泳ぐスペースないし、こけ生えたら掃除むりじゃねーといわれそうなレイアウトになりました。

一応魚が泳げるスペースは確保していますが、それでも狭い

詳しくはこちらの記事を見ていただければと思います

もしかすると苦手というよりも30cmキューブ水槽でレイアウトを考えるバリエーションが乏しいからかもしれません

凸型構図を作った記事ですが

 

作った日、素材などは全く違いますが、雰囲気はほぼ一緒

 

30cmキューブ水槽のレイアウトが苦手なので

さきほども書きましたが、僕は30cmキューブ水槽でレイアウトすると似た感じのレイアウトばかり作ってしまう傾向があります。

30cmキューブ水槽でADAのようなネイチャーアクアリウムを作るのは僕には無理みたいなので、自分なりに考えた結果、ベストな答えとしてジオラマ模型×水草レイアウトを作ることをやってみることにしました!

これがいまのところ自分の中でベストだと思う水槽作りです。

今まではネイチャーアクアリウムにこだわりすぎて、違うことを思いつかなかった

ですが、固定概念を払拭すればもっと面白いものを作れるそう思って試してみました。

 

まとめ

30cmキューブ水槽はある程度の大きさもあって、水槽台の上に載せて部屋に置いておけば、目立つし、コケの生えていないきれいな水槽を管理していれば、インテリアとしても最高のものになると思います。

しかし、30cmキューブ水槽って意外とレイアウトが難しいとおもいます。

幅が狭いのに高さ、奥行きが無駄にある

大きい流木いれたら圧迫感がでる、逆に少し小さめの流木にすると今度はすかすかになる

凹型構図を作りたいのに作れない

 

正直僕は苦手です。

皆さんはどうですか?

おしまい