ash式アクアリウム

水景と日常

アクアリウムを楽しみ自由に生きる

スーパーで働いていた時の話

こんにちは!ashです。

僕は大学卒業してから地元のスーパーに就職しました。

今回はスーパーの仕事について紹介します。

スーパーの仕事はいろいろあります

求人サイトに載っているのでほとんど人は知っていると思いますが、部門がいろいろあります。

グロサリー、デイリー、青果、鮮魚、精肉、総菜、レジ…

色々部門があります。

僕はデイリーのみ担当し主任まで経験しました。

しかし他の部門は未経験なのでここからはデイリーのことについて書きます。

デイリーはどんな商品がある?

   

豆腐や納豆、牛乳やプリン、紙パックの野菜ジュースなどの日配品、

パン、卵、ハムなどの加工肉がデイリーの商品になります。

先ほど日配と書きましたが、『毎日店舗に配送される商品』略して日配、

賞味期限が短く冷蔵保存するものが日配品の特徴です。

こちらは余談ですが、僕が働いていたスーパーでは、

・豆腐や納豆、漬物などは和日配

・牛乳やプリン、紙パックの野菜ジュース、スイーツなどは洋日配

と呼んでいました。

デイリー担当者の仕事内容

  

毎朝問屋から届いた商品の品出し、商品の発注、売り場の管理、ポップの作製が主にやっていた仕事です。

年に数回ある催事の時の売り場をレイアウトを考えて作る作業もあります。

デイリー担当の仕事は大変?

午前中は品出し、日配品、パン、卵、加工肉など商品の発注を終わらせてました。

発注は締め切り時間があるので余りゆっくりすることはできず、

発注をしながら商品の補充をしたりしないといけないこともあるので、

基本的に午前中はかなり忙しいです。

といっても慣れればそれほど大変な業務ではありません。

午後からは、商品の賞味期限チェック、売り場の整理、

特売品の発注、ポップ作りと午前中に比べたらそれほど忙しくはありませんでした。

催事の売り場づくりも年に数回ありますが、自由に作っていいスーパーだったので、

どうすれば売れるか、商品がキレイに見えるレイアウトにしようか、

考えながら楽しく売り場を作っていました。

現在はスーパーで働いていませんが売り場作りは得意ですよ!

デイリー担当者が忙しくなる時期

年末が1番大変かもしれません。

クリスマスの催事が終わったタイミングで年末商材を並る作業があり、

入社1年目は日付が変わってから帰宅した記憶があります。

ただこちらも売り場作りに慣れるとそれほど大変な仕事ではなくなります。

まとめ

僕は大学卒業後スーパーに就職し、デイリー部門で主任として仕事をしてきました。

デイリーの商品はたくさんあり、発注などで時間に追われることがほぼ毎日ですが、

売り場作りなど楽しい仕事もありました。

スーパーでは色々なことを学んだので、そのことについて次は書きたいと思います。