ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

『水槽レイアウトは最高のアート!』を広めていくブログ

海水をオーバフロー水槽に変更することにしました

こんにちは!ashです。

サンゴをもっとうまく育ててみたい!

けれども、今の60cm水槽の性能では厳しいかもと思うようになりました。

ならこの際思い切ってオーバーフロー水槽を買うのがいいのではと。     

ただ、オーバーフロー水槽は値段が高い!!

できれば、予算5万円くらいで買えればと思って、いろいろ探していると、

チャームさんで予算5万円以内の水槽が買えちゃいました!!

     チャーム本店

オーバーフロー水槽が家に届きました!

       f:id:ash14:20190223162852j:plain

35cmキューブのオーバーフロー水槽になります。

水槽とろ過槽、水槽台、配管のセットで35000円くらい。(ポンプはなし)

(35cmキューブオーバーフロー水槽は終売となっています)

 ほかに必要なものも揃えました。

ポンプと照明

ポンプはメーカー不明でしたが、メルカリで2500円くらいで買えました。

次に照明ですが、

    

ボルクスジャパン Grassy LeDio RX072 Reef/リーフ を購入しました。

 浅瀬の海を水槽内で表現したい!サンゴも育成したい!そう考えていた僕にとってはピッタリの商品でした!!

LED球はアマゾンで、レディオクリップ(上のLED球を接続するソケット)は近所のペットショップで購入しました。

あとレディオクリップを固定する用のクリアライトスタンドL はチャームさんで購入。

砂も新品を購入

 

    

未洗浄 サンゴ砂 ミディアム(#3) 3L 海水水槽用底砂 を購入。

60cm水槽にはかなり粒の細かい砂を敷いていました。

粒が細かい砂は、サンゴにかかると育成を阻害してしまう可能性があるみたいなので、もう少し粗いものに変更することにしました。

 

ろ材も追加しました

オーバフロー水槽にするとろ過槽にろ材をかなりの量を収納できます。

JUN プラチナリーフサンド No.15 粗目大タイプ 2kg は粒の大きさがかなり大きいので、ろ過槽に入れるろ材として使ってみることに。

あと値段が安いリングろ材も約4kgくらい購入しました。

 その他には、配管につなぐホースが内径が16mmでないと使用できないみたいだったので別途で買いました。

早速、新たな水槽への引っ越し開始します!!

とその前に、 

ash14-aquarium.hatenablog.com

 

おしまい。